肌のコンディションが良くない

肌にできたシワやシミが回復せずに残って増えていく。

アラフォー(略さずにいうと「アラウンド・フォーティー」で、35歳以上44歳までの主に女性を指します。最近では女性だけではなく、男性にも使われている表現です)ってそんな感じですよね。色や髪型を変えなきゃいけないような気がしたり、みなさん何と無くわかっているはずです。加齢によって疲労がその日のうちにとれず、持ち越すようになり、乾燥した部分にシワができたり、口元の法令線が目立ってくるころだと思うのです。以前は肌のコンディションが良くないと感じても、寝る前にしっかりお手入れすれば回復していたんです。でも、アラフォー(略さずにいうと「アラウンド・フォーティー」で、35歳以上44歳までの主に女性を指します。最近では女性だけではなく、男性にも使われている表現です)になると回復スピードが落ちるんです。いえ、回復能力自体が落ちているのでしょう。

「最近忙しいの?」と聞かれると、顔に出ているんじゃないかとドキッとします。

心配なので化粧直しの回数も増えたりして、そろそろ対策をすべ聴かと思っています。

ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cは美白作用があると言うことで、レモンを輪切りにして顔にのせ、しばらくおいてパックをすることが流行になりましたが、これはお肌に悪影響を与えます。今は誰も勧めていません。レモン果皮の成分は、肌につけて紫外線の刺激を受けると、シミの原因になってしまうのです。

シミを薄くしたり、予防する効き目をレモンから得たいと思うなら、食べるか、飲んだ方がいいでしょう。緑茶の茶葉は、カテキンを多く含んでいます。カテキンは、加熱などでビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cが壊れることを防ぎ、ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cの作用をいっそう高める働きをしています。メラニン色素の増加を防ぎ、美白するためにはビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cの力は欠かせないので、緑茶でカテキンとビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)Cを共に摂取することが可能なので、お肌の新陳代謝を活発にし、メラニン色素が沈着することを抑える効果を望めます。出産を終えたばかりの女性の身体というのは妊娠期から出産までの体内ホルモンバランスから大きく変化してしまい、各種のトラブルが起こるようです。

シワ、肌荒れ等の肌トラブルもよく見られ、かゆみも出て気にしている女性も多くいるようです。妊娠継続中ずっとつづいていたプロゲステロン、エストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産を終えた途端、急にその量を減らし、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。そうやって乾燥し、荒れてしまった肌は大抵敏感肌も併発しますから、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って保湿に重点を置いたスキンケアをつづけるのが良いようです。四季の変化同様、年齢もごまかしが聴かず、確実にやってくるものだと実感します。疲れていなくても出てくる目の下のくま、くすみや乾燥による翳りには、他人が指摘するだいぶ前から本人は悩んでいて、なのに何もしていないケースが少なくありません。肌のバリア機能は年々低下し、回復力がなくなるので、一度シワができると、元に戻すのには苦労します。比較的皮膚の薄い手の甲や、顔の中では目周り、口元などのしわなどは、アトからでも集中的にケアが必要です。

重曹を洗顔石鹸に混ぜて使うと、皮脂や汚れが落ちる上に、シミも薄くなってきたみたいという声がネットで広まっていますが、注意しなければ、逆にお肌を傷つけてしまうこともあり得ます。重曹は精製の程度によって、掃除や洗濯用、食品用、薬品用などが存在します。食用の重曹でも顔を洗うには粒子が荒いため、力を入れて洗わないよう気を付けてちょーだい。

そして、洗顔の後は化粧水などのスキンケアによって、充分な保湿を心掛けることが大切です。保湿が十分で、潤いのある肌なら、悩みの種となるシミなどの色素沈着も防げます。水分が逃げない、うるおいのあるお肌は水分と油分がバランス良く保持されていて、きめが整い、肌の奥まで保護されている訳です。保湿は肌のバリア機能を高めるため、肌全体に紫外線がダメージを与えることを抑えられ、シミ予防の効果もあるのです。

肌の乾燥には、シミ予防の意味からもケアを怠らないでちょーだい。どのようにして肌にシワができるのか、その原因としては、乾燥の影響が大きいようです。部屋のエアコンの空気にさらされていたり運動時に流した汗が、肌の保湿成分も共に流してしまった時などは特に注意をした方がいいでしょう。それではこの乾燥にどう対処したらいいかというと、こまめな保湿で肌を乾燥させないようにするのが最も重要だと考えられています。そういう場合に便利なのがスプレータイプの化粧水です。小さなものを持ち歩いて、思い立ったらひと吹きするといいでしょう。それと、運動などで汗をかいたら、その後の保湿を怠らないことです。

くすみが気になる原因としては、過剰な糖分のいたずらが考えられます。ついお菓子を食べ過ぎてしまうとどんな化粧品を使っていても茶色や黄色のくすみが目たつことがあります。コラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)と糖は結びつきやすく、その結果コラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)の働きが弱められているのではないでしょうか。コラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)と糖から、老化の原因となる物質ができることをコラーゲン(硬タンパク質の一種で、十種類以上存在するといわれています)の糖化と考えましょう。

全身の老化が進行しないよう、糖分の摂りすぎにはくれぐれも気をつけてちょーだい。

まったく我流ですが、スキンケアをとおして実感することがありました。

肌がピーンと張っていた人より、ぷるん&モチモチッとした肌のほうが後々シワができにくいのです。

ただ、恵まれた肌質だと思って放置していると、柔肌も硬く変わってしまうので、気をつけなくてはいけないでしょう。私はサロン勤務の姉に勧められて夏に炭酸水洗顔を初めて、秋からいままで市販の炭酸パックを使っていますが、肌のモッチリ感がつづくようになってから、目周りのメイク崩れがなくなり、シワも気にならないようになってきました。もしかすると首もやっておいたほうがシワが消せたのかも。今はお風呂で炭酸パックをしています。